星陵日記

« 2011年9月 | | 2012年4月 »

歯の移植

先日NHKでも放送がありましたが、『歯の銀行』(teeth bank)ってご存知ですか?
矯正や、親知らず等で、虫歯はないけど、抜く必要のある歯があったとき、
凍結保存しておいて、いざ必要となった時にその歯(自家歯牙)を移植できるようにしてくれる。
そんな便利なシステムがととのっているのが『歯の銀行』です。

でも歯がなくても『インプラント』があるんじゃないの?って思う方もいらっしゃいますよね~?
確かに、現在の『インプラント』は優秀です!
とはいえ
自分の歯で噛める!ってやっぱり一番よいですよね☆

『インプラント』と比較して『自家歯牙移植』の大きな利点が3つあります。
1、自分の歯なので、異物反応が出にくい!
(『インプラント』もチタンで生体親和性は良いですが、自分の歯にはかないません。)
2、歯根膜があるので、異常な咬合圧を感知することができる!
(異常な力を感知できると、人間は反射で力を調整する事ができます。)
3、矯正で移動させる事ができる!
(『インプラント』は一度埋入させると、移動させたりする事はできませんが、自分の歯なので、骨との癒着を起こさない限り矯正で、移動させることができます。歯 イラスト.gif

欠点としては、
1、『インプラント』よりも、予後が予測しづらい。
2、骨と癒着してしまう事がある。
3、インプラントよりも周囲の骨を大きく開けないと、入れられない事もある。

もちろんこれらの欠点は、歯の形態や、個人個人によって変化してくるので、
あまり欠点が感じられないケースもあります。
また、歯周病が進行してしまっていると移植ができないケースなどもあります。

『歯の移植』も『インプラント』もそれぞれに利点欠点がありますので
ケースごとに、うまく使い分けができるといいですね♪ 【岩端】

千代田区 水道橋 歯医者

ページのトップに戻る