星陵日記

« 2014年9月 | | 2014年11月 »

青色LEDとホワイトニング

こんにちは。
先日ノーベル賞授賞式で、青色発光ダイオードが話題になりましたが、歯科治療の分野でもLEDライトは使用されています!

blog_led_01.png

その一つにオフィス・ホワイトニング(Office Whitening)があります
オフィス・ホワイトニングとは歯科医院で行うホワイトニングで、数回の通院で歯を白くすることができます。
LEDホワイトニングはレーザーに比べて熱が低いので、痛み・しみるなど不快感が起こりにくいのが特徴です。

具体的な方法は

 

①歯の確認

blog_led_02.png

歯の亀裂、詰め物の不備、知覚過敏などをチェックしていきます。
ホワイトニングを行うと、見た目にはほとんど気にならなかった歯の亀裂が目立つようになったり、また知覚過敏など歯がしみる箇所ある場合、ホワイトニングを行う事が出来ない事があるので、事前の治療が必要になってきたりもします。また、差し歯や詰め物の色は変わらないので、ホワイトニング後に葉との色調の不調和が生じる可能性があるので、治療が必要になってくることもあります。

 

② 歯面清掃、色調の確認と記録

blog_led_03.png

歯石、プラーク、色素の付着を取り除くために歯面清掃を行います。
綺麗になった状態で現在の歯の色調を記録していきます。これは、ホワイトニング後どれだけ色が変化したかを示すための大切な記録になります。

blog_led_04.png

 

③歯肉の保護と薬剤塗布

blog_led_05.png

ホワイトニングで使用する薬の主成分は過酸化水素や過酸化尿素というものが含まれています。ホワイトニング剤が歯肉に付着しないように保護し、ホワイトニング剤を歯面に塗布していきます。

 

④光照射

blog_led_06.png

そしていよいよ光照射です!一般的に480ナノメートルのLEDの光を10分~20分薬剤を塗布した歯面に当てることで、薬が反応し、歯が白くなります!

 

ホワイトニングの適応、効果は個人差がありますが、上記に記した以外にも色々なやり方があります。これを機会にホワイトニングで白い歯を目指してみるのはいかがでしょうか?

歯科医師 橋爪

千代田区 水道橋 歯医者

ページのトップに戻る

 

歯周病菌について

こんにちは。
秋になり、日中はだいぶ涼しく、夜は寒いくらいになってきましたね。
季節の変わり目で暑かったり寒かったりですが、体調を崩して風邪をひいてしまった...なんてこともあるかと思います。
最近、歯肉が急に腫れて痛いと来院される患者さんが増えています。
季節の変わり目は風邪をひきやすいこともありますが、歯や歯肉にも症状がでることが多いです。
普段はなんともなくても、気候の変化に身体がついていかなかったり、ストレスがかかったり、体調を崩してしまったことで免疫力が落ちてしまうことがあります。
免疫力が低下すると、お口の中で歯周病菌が優位になってしまい、もともと悪くなり始めていた歯周病が進んでいるところや、汚れが残りやすいところ(特に親知らずまわり)が、痛くなったり急に腫れたりしてしまうことがよくあります。
blogimg_oyashirazu.png
歯周病(特に初期~中期にかけて)は、普段は痛みなどの自覚症状がほとんど出ない場合も多く、そのせいで気が付くのが遅れてしまい、歯科医院を受診した時にはすでに深刻な状態にまで病状が進んでしまっていると言う事がよくあるというのが怖い病気です。
blogimg_perio.png
歯周病は全身のさまざまな病気に関係していることがわかってきています。
歯周病菌が全身の病気を引き起こす理由は、歯肉にある毛細血管にあります。
歯周病原因菌が歯周組織まで侵入してくると、毛細血管に入り込み、血液を介入して全身にまでまわります。
その結果、身体のいろいろな所で、病気を発症させることもあったりします。
一度腫れたり痛くなってしまうとしばらく症状が続いたり、歯周病が進んでしまっている場合は、治療が大変になってしまうこともあります。
痛みがなくても、定期的に歯肉が腫れていたり違和感があったりする時は、歯周病が進んでいる可能性が高いです。

お仕事など毎日お忙しいとは思いますが、定期的なメンテナンスと早めの来院をお勧めします!

歯科医師 筒井

千代田区 水道橋 歯医者

ページのトップに戻る