星陵日記

« 2015年3月 | | 2015年5月 »

桜の季節の食いしばり

c42cb93e433ba35a0be6fc3079167fd9_s.jpgのサムネイル画像

こんにちは
皆さんお花見はしましたか?
今年の桜はあっという間に満開で、そしてあっという間に散ってしまいましたね!

ここ最近は桜の時期がどんどん早くなってきている気がするのは私だけでしょうか。

桜が咲き始めると、なぜか暖かかった春の陽気から急に寒くなるのも不思議ですよね。
今年は特に桜の咲いた1週間、真冬に逆戻りした様に寒かったですね~。
私もですが、皆さんは寒くなるとどうしても顎にチカラが入ってしまい...気づくと食いしばっているような事はありませんか??

寒い時の他に、重い物を持ち上げるなど力を入れたい時は噛みしめる事によって力が入るのでグッと噛む事もありますよね。
スポーツでは野球やゴルフの様にバットやクラブを振り下ろす時にグッと噛みしめるのがそれです。
一瞬で瞬発的に力を出したい時にはとても効果的かと思いますが、人はリラックスしている時は歯と歯が触れ合っていないのが正しい事はご存知ですか?
唇は閉じて、口の中では歯が当たっていないんです。
これを読んでくださっている今、ご自分の状態をチェックしてみてください。
食いしばっている方がいたら、それは悪い癖『悪習癖』と言えます。ご自宅でテレビを見たりしている時などもチェックできますね。

寝ている間の食いしばり、俗に言う歯ぎしりにもいくつか種類がありますが、いずれにしても歯ぎしりは止めたくても止められるものではありません。
その場合はナイトガードといったマウスピースで歯を守るなどの処置が必要になってくることもあります。
こういった歯ぎしりとは違い、先ほどの日中の食いしばりは少し気をつけるだけで改善される事ですので、心当たりのある方は自分でできる予防として是非やっていただきたいです。

現代は一回の食事で5~600回噛む(これは食生活の変化により、戦前の1400回に比べるとかなり減っていると言えますが...)と言われ、噛む回数は一生では2300万回以上とも言われています。
また、一度に噛む力は体重以上となる事もあり、その為に年齢を重ねると気付かないうちに歯に見えない亀裂が入っている事もあるんです。
歯には日々、食事だけでもそれだけの負担がかかっていると考えると、余計な力はかけず、これからも長く美味しく食事をする為にはますます歯を大切にしないと!と改めて思いますね!

歯科医師 豊島浩美

千代田区 水道橋 歯医者

ページのトップに戻る

 

フッ素は毎日使いましょう!

こんにちは。徐々に寒さもゆるんできて、あちこちで春の兆しを見かけるようになりました。
まだまだ気温の低い日もありますので体調管理に注意してくださいね。

さて先日、文部科学省の2014年度学校保健統計調査(速報値)において、中学一年の虫歯本数は一人平均一本、30年前と比較すると約5分の1にまで減少しているとの結果が発表されました。
また治療の済んでいない「未処置歯」のある割合も、幼小中高生のすべての段階で過去最低であり『歯磨き指導の成果で早期治療や予防意識が高まった』との分析が出ております。

そこで今回は、予防処置のうちのひとつである「フッ素」についてお話をしたいと思います。


20150401_img1.jpg

「フッ素」とはミネラルの一種であり、自然界に広く存在しています。 このフッ素には以下のような作用があります。

①歯質強化

フッ素が歯に取り込まれると歯質がフッ化アパタイトという組織になり、酸に溶けにくい性質に変化します。

②再石灰化促進

歯から溶け出したカルシウムやリンの再石灰化を促進します。

③酸の産生を抑制

歯磨きで落としきれなかったプラーク(歯垢)中の細菌の働きを弱め、酸がつくられるのを抑えます。

フッ素の以上3つの作用が、虫歯予防に対して非常に有効なのです。


20150330_image2.jpeg

フッ素(フッ化物)を用いた虫歯予防法として、代表的なものをご紹介します。

①フッ素歯面塗布法

歯科医院などで高濃度(9000ppmF)のフッ素(フッ化物)を綿球や歯ブラシで歯面に塗ります。
十分な効果を得る為には年に3~4回塗布する必要があります。
塗布することで歯質の強化を特に期待できます。乳歯や萌出途中の歯に特に効果的です。
フッ素塗布後は30分間は飲食を控えることでより効果を発揮します。

②フッ化物配合歯磨き粉の使用

一般的に市販されている歯磨き粉は低濃度(1000ppmF以下)で現在だいたいの歯磨き粉にフッ素配合されています。
このため、フッ化物配合歯磨き粉を使用することで再石灰化の促進や酸の産生を抑制することを期待できます。
効果的な使用量は年齢によって目安が異なり、0~2歳では1~3mm程度、3~5歳では5mm程度、6~14歳は1cmが適切とされています。
歯磨きの後のうがいは一回程度にすると口腔内にフッ素が残りより効果を発揮します。


乳歯や生えたての永久歯は歯質が弱く、虫歯になりやすい状態にあります。
小さいお子さまのお母さんは、お子さまと御自身の歯磨きの際にこの「フッ素の虫歯予防法」を上手に御利用していただければと思います。
予防を心がけ、虫歯のない口腔環境を皆様の各御家庭でも維持していきましょう。


歯科医師 土屋通

千代田区 水道橋 歯医者

ページのトップに戻る