星陵日記

« 2016年1月 | | 2016年3月 »

ドイツからの便り~vol.2

皆様こんにちは!

2016年も気がつけば、あっという間に2月ですね。
今年の冬は暖冬で、ドイツも私の住む地方はほとんど気温が0度以上です。
12月のクリスマスマーケットも雪が降らず、何だかイメージと違いました。
1月も雪が降ったのはほんの一瞬でした。
ドイツの冬は日本の北海道のように寒いのが普通なので、ドイツの人々はみんな気味悪いと言っています。
ドイツ人は地球環境問題に非常に関心が高くて、この手の話題は常にトップテーマです。

20160212_01.png

それと、ドイツ人は大のお祭り好き!
2月3日は日本では節分、そしてドイツでは今年は2月4日の木曜〔汚れた木曜日〕から翌週の水曜日〔灰の水曜日〕までお祭り騒ぎが行われました。
この週はカーニバルの最終週です。カーニバルは前年の11月11日から始まり、2月の灰の水曜日で終わります。
そしてその後はイースターまで断食期間に入ります。

断食と言っても甘い物を控える、お酒の量を減らす、肉を減らすなど、この期間は普段よりも慎ましい生活をするってことらしいです。
昔しはこの季節が一番食料の乏しい時期だったことと関係しているようです。
現代社会では実際のところ、ドイツ人たちは全く普段と変わらない生活をしているのですが・・・

20160212_012.png

イスラム教のラマダーンはもっと厳しいみたいです。
以前、ドイツ語クラスの生徒さんの中に、イスラム教の妊婦さんがいました。
彼女の宗派では断食期間中は妊婦さんでも、朝から晩まで飲まず、食わずでいるそうです。
真夜中から何時間かは食べたり飲んだりができるそうです。
その話しをクラスのみんなで聞いて、びっくりしました。

そして他の宗派のイスラム教の人が、「それは医学的に間違っている、妊婦さんは例外だからお腹の赤ちゃんのためにも、昼間も水を飲んだり、食事をした方がいい!」と反論していました。
日本では宗教について考えることがほぼ全くなかったのですが、ドイツにいるとこのような議論は日常で行われ、私にとって、ものすごく衝撃的でした。
日本以外の国では宗教が非常に生活に密着しているということをこのドイツで初めて知りました。

ドイツはキリスト教の国です。
せっかくドイツにいるので、キリスト教の行事をもっと理解したいのですが、非常に奥が深くてなかなか理解するのが難しいです。
クリスマス、カーニバル、イースターがこの国の人々にとってはとても重要なことは確かです。

カーニバル最終週のバラの月曜日には、大きな町では大規模なパレードが行われ、仮装をした人々が各地から集まってきます。
そして様々なテーマの山車が登場し、山車に乗った人々が歩道の子供たちに大量のお菓子をばらまきます。
歩道では大勢の人がビールを飲んだりしてお祭り騒ぎをします。
有名な場所としてはケルン、デュッセルドルフ、マインツ、ボンなどです。

私の町でもこの季節、パン屋さんでは大量の甘いドーナツが売られます。
ベルリーナと言って、まるい揚げパンの中に、木苺のようなジャムが入っていて周りはお砂糖がまぶしてあります。
断食期間に入る前の甘い物の食べ収めってことでしょうか?
確かに、職場にも家庭にもベルリーナが溢れていました。

「この時期これを食べないと気がすまないんだ。」と、あるドイツ人は言ってました。
甘い物を食べたら歯を磨きましょう!

IMG_20160216_0001.jpg

ヨーロッパは予防歯科の先進国と思っていましたが、実際のところそうでもなさそうです。
これだけ甘い物が溢れていたらしょうがないかな?と思います。
この国でも虫歯のある人はたくさんいますね。
やはり食生活は重要ですね。
それではまたお元気で!

歯科医師 大庭美和子(ドイツ在住)

千代田区 水道橋 歯医者

ページのトップに戻る

 

ペットのデンタルケア「ネネワ」

20160203_01.PNGのサムネイル画像

千代田ファーストビル歯科に以前勤務していた歯科医師の筒井です。
現在、私は歯科医師の視点を活かし犬と愛犬家の皆様、猫と愛猫家の皆様のためなるべく口腔内を健康に保ち犬や猫が元気に長生きするためのペット用品の開発、販売の仕事をしております。

20160203_02.PNGのサムネイル画像

自分で犬(トイプードル)を飼いはじめてみると犬専用の口腔内をケアするよい商品が圧倒的に少なく、むしろ危険な商品も多くそれなら自分たちで作ろう!と犬のデン
タルケア用品の開発を始めました。

人間でも「全身の健康は歯から」と言われていますが、それは動物にとっても同じです。

20160203_03.PNGのサムネイル画像

特に、犬は人間と一緒に密着した生活を送ることが多く食生活も人間と似ている食品を食べることが多い現代では長生きするためには口腔ケアはとても大切になってきます。

今までも歯科医師として
「歯を失う確率は、虫歯より歯周病のほうが高いんですよ(人間の口腔内の話です!)」

20160203_04.PNGのサムネイル画像

という話を患者様にずっとご説明してきましたが実は、人間と犬は口腔内のPHが違うため犬は虫歯にはかなりなりにくく歯周病になり歯を失う可能性が人間よりもぐっと更に高いのです!
また家具や異物など噛んでしまった時に歯が破折することも多いです。
最近は、市販されている硬すぎるおもちゃが原因で歯が破折することも多いそうです。

また人間と同じように口腔内が不衛生だと全身の病気にかかりやすかったり犬や猫の口腔内の衛生状態が悪いと人間を舐めてしまった時に、犬や猫から人間に悪影響をおよぼすことも最近は報告されています。

人間は自分の意思で歯磨きや歯科医院で治療を受けることにより治療や予防をできますが犬や猫は自分でケアはできないため人間が気がつきケアしていくしかありません。

もちろん歯磨きはとても大切になってきますが人間と同じ歯周病は予防がとても大切になりますのでまずは犬や猫に歯磨きに慣れてもらってデンタルケアを継続することが大切です。
「グッドネネ」ではオリジナル商品第一弾として「nenewa ネネワ」を開発、販売開始しました。
犬のデンタルケアのスタート、そして習慣づけるために遊びながらデンタルケアできる「デンタルトイ」(遊びながら歯によいおもちゃ)です。
安心安全の赤ちゃん用品基準を満たす『国産』にこだわりました。
これからも犬と愛犬家の皆様のためによい商品をお届けできるよう、頑張りますので宜しくお願い致します。

>>「nenewa ネネワ」の詳細を見る

歯科医師 筒井陽子

千代田区 水道橋 歯医者

ページのトップに戻る