最新のインプラント治療

即日インプラント治療

イミーディエイトローディング法

状況によって手術後直ちにインプラントを使用して、食事をすることができる治療も可能です。なお、多くの研究報告から、適応できる症例について基準があります。 欠損している場所や状態・骨の質によって、厳格に定められており、すべての症例に適応できるものではありません。 詳細については、スタッフまでご相談下さい。

ページのトップに戻る

インプラント·クラウン&ブリッジ

インプラント·クラウン&ブリッジ

歯を削らなくても

インプラントを使用すると、隣の健康な歯を削ることなく治療することができます。

インプラント·クラウン&ブリッジ

歯を全て失った方でも

インプラントで固定式のブリッジにすることができます。

インプラント·クラウン&ブリッジ

入れ歯を安定させたい方へ

アンカーヘッドシステムでインプラント上部と入れ歯の内側のコネクターで強固に維持されます。さらに、入れ歯の大きさも、通常と比較して小さく設計できますので、従来の入れ歯の違和感や口内もキズも防げます。審美義歯(カラーリング義歯)は通常の義歯(入歯)と比較して、本当の歯肉のように見えます。

インプラント·クラウン&ブリッジ

ページのトップに戻る

オールオン4(オールオンフォー)歯科インプラント

オールオン4(オールオンフォー)歯科インプラント

多数の歯を失った方、総義歯をご使用の方へ

オールオン4(オールオンフォー)歯科インプラントとは、ポルトガル、リスボン市にあるクリニカ・マロのDr. Paulo Maloによって開発された固定式無歯顎補綴術式 All-on-4 の事です。
この術式の最大の特徴は、患者さんの手術による負担を減らし、入れ歯ではない歯で美味しく食事をして頂く(社交生活にも不便を
来す事がない)事にあります。

機能性

固定式の仮歯を治療当日に入れられるオールオン4。安定した固定が得られれば、治療したその日に噛むことができ、普通の食事が可能。
しっかりとした固定が得られれば、インプラントを植立したその日のうちに上部構造である歯を取り付けて食事をする事ができます。1日で植立したインプラントが使えて、1日で入れ歯を使用しない固定式の歯になります。それ故、1日インプラントとも呼ばれています。午前中にインプラントを植立し、1時間ほど休憩をしてあらかじめ用意した仮歯を装着して帰宅して頂きます。

快適性

出血、腫れ、痛み、長い治療時間 ・・・ 。いずれも治療時における、どの患者様にも共通の不安です。埋め込み本数を減らす事で、治療時間を短縮したオールオン4ならこれらの悩みを払拭できます。

経済性

今まで全ての歯がない場合、10~14本ものインプラント埋め込み作業が一般的でした。必要なインプラントが本数が最小4本に減る事により、治療費負担を軽減させる事ができます。

ページのトップに戻る