千代田区水道橋の歯医者 千代田ファーストビル歯科からのメッセージ

 お口のケアは健康管理の出発点です。

私たちはご来院いただく皆様に
生涯にわたり、味わう、話す、笑うといった人間らしいいとなみを楽しみながら、豊かな人生を過ごしていただきたいと願っています。
そして、それぞれのライフステージに応じた適切な治療と口腔ケアの提供を通じて、末永く歯とお口の健康を維持できるようお手伝いすることが役割であると考えております。
自然治癒が望みにくい口腔疾患では、治療と共に日頃の予防が重要です。私たちは治療と口腔ケアについて患者さんの十分なご理解、ご納得が得られよう対話を大切にした診療を心がけています。

news&topics

[2015.07.30] 
[2015.07.28] 
[2015.05.11] 
[2014.12.01] 
 

星陵日記

[2016.10.07] 再生医療と歯髄細胞バンク [2016.03.01] 「医療費控除」についてのご案内
[2016.08.30] 歯周病菌+キラーストレス=突然死? [2016.02.18] ドイツからの便り~vol.2
[2016.08.08] 北欧フィンランドからの便り [2016.02.04] ペットのデンタルケア「ネネワ」
[2016.07.27] 【ご挨拶】研修医の福島です。 [2016.01.18] お口と歯肉の水泡~帯状疱疹~
[2016.07.11] 歯科におけるデジタル化 [2016.01.01] 2016年・元旦
[2016.06.21] あなたの顔は巨大化してる!? [2015.12.09] お口の健康と体の健康
[2016.05.27] 眠っている間に無痛で歯科治療 [2015.11.15] 治りにくい口内炎は要注意!!
[2016.04.20] 超高齢社会に求められる歯科医療
~訪問歯科医療と医療政策~
[2015.10.27] 姿勢と顎関節症
[2016.04.05] 魔法の水!?オゾン水 [2015.09.24] はじめての小児歯科
[2016.03.17] 虫歯菌と脳出血 [2015.09.01] 災害時の歯科の役割

2016年10月 7日:再生医療と歯髄細胞バンク

20161007_01.png

飢餓状態に陥った細胞が自らのタンパク質を食べて栄養源にする自食作用「オートファジー」の研究で、東京工業大学の大隅良典栄誉教授が2016年度のノーベル医学・生理学賞を受賞されました。

自然科学分野において日本人が3年連続受賞という快挙は、とても喜ばしいニュースです。

ノーベル医学・生理学賞受賞と言えば、2012年の京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥教授の受賞で、iPS細胞(色々な臓器になることが出来る人工的に作られた未熟な細胞)という専門用語が広く知れ渡ることとなり、再生医療という研究分野が注目を浴びたのはまだ我々の記憶に新しいところです。歯科においても、再生医療について話題に上ることが最近多くなってきました。 と言いますのも、歯の神経「歯髄」の中に存在する『幹細胞』が、骨や軟骨や脂肪を作り出すのに大変有用であることがわかってきたからです。

『幹細胞』とは様々な臓器になる(分化する)前の子供の(未分化な)細胞です。

20161007_02.png

『 歯の幹細胞』

この幹細胞は、親知らずや矯正治療のために抜歯された歯、抜いた乳歯の中にも、存在することが分かってきました。通常、抜去歯は廃棄されますが、この歯から幹細胞を抽出できれば、仕方なく抜いてしまった歯が貴重な幹細胞の供給源になる可能性があります。

歯の幹細胞の優れている点としては、手軽に採取できること、増殖能力が高いこと、歯の中にあるので遺伝子が傷つきにくく癌になりにくいこと、良質なiPS細胞を作れることが挙げられます。

そこで、将来再生医療が現実のものになったときのために、歯の幹細胞を保管しておこうという目的で歯髄細胞バンク(www.acte-group.com)が作られました。

歯髄細胞バンク

af7c7c513b5a07c438988d93a1da3efd_s.jpg

再生医療のキーになる幹細胞は加齢とともに激減してしまいます。そこで、乳歯や親知らずに存在する幹細胞を含むできるだけ若い歯髄細胞を大切に保管しておき、将来再生医療に備えることが歯髄細胞バンクの目的です。

人工材料や医薬品を使う治療と比べ、ご自身の細胞を使う再生医療は、安全性も高く有効な先端医療として世界的に技術開発が進んでいて、アメリカ、韓国、インド、台湾など他国でも歯髄細胞バンクが普及しています。
日本でも歯髄細胞バンク(http://acute-group.com/)には、すでに1,000人近い人の歯が保管されているそうです。ただ、それなりにコストもかかります。こちらのバンクの場合、登録、培養、10年保管でおおよそ30万円。11年目以降はさらに10年保管で12,000円となっています。
現時点では脊髄損傷などの神経疾患、心筋梗塞などの心臓疾患、歯周病や虫歯などの歯科疾患などの領域で研究が進められています。良質なiPS細胞を作ることができるので、将来的には全身への利用が期待されています。
お子様の将来への保険としての利用も増えてきているようです。

歯や顎のみならず、全身の病気の治療に役立つかもしれない歯髄細胞の保管にお金をかけることについて、みなさんどうお考えになりますか?

cc90fe9c46224a37ece5bf31fec84f0d_s.jpg

昔は乳歯が抜けたら屋根の上や床下に投げたものですが、これからは抜けた乳歯を保管するという新たな選択肢が増えました。
将来への健康への投資として考えてみてはいかがでしょうか?

歯科衛生士 倉田孝子

Information                                                                   

2016年07月21日:「いい歯医者」2016に当院が掲載されました

「いい歯医者」2016掲載記事週刊朝日MOOKより出版された「いい歯医者」2016に当院が掲載されました。
歯科治療ではじめる”長生き健康”生活などが掲載されています。ご来院の際に是非ともご一読くださいませ。

「いい歯医者」2016掲載記事


2015年11月17日:2016年版 日本の歯科100選 に当院が掲載されました!

2016年版 日本の歯科100選掲載記事ごま書房新社より出版された「2015年版 日本の歯科100選」に当院が掲載されました。
全国の歯科100医院の最新情報が紹介されています。ご来院の際は是非ご一読ください。

2016年版 日本の歯科100選掲載記事


2015年06月01日:TBSテレビから「良い歯科医」について取材を受けました

撮影集合写真TBSテレビ「この差ってなんですか?」から「歯科医が考える良い歯科医」について取材を受けました。


2014年12月10日:TBSテレビ「Nスタ」の取材を受けました

撮影集合写真TBSテレビ「Nスタ」からホワイトニング治療における青色LEDの利用について橋爪先生が取材を受けました。 2014年12月11日(木)17時40分頃~「Nトク」というコーナーで放映予定です。 ホワイトニングの実際の治療について分かりやすくまとめられていますのでお時間のある方は是非ご覧ください。


千代田ファーストビル歯科へのアクセス

住所:東京都千代田区西神田3-8-2 千代田ファーストビル東館1F

千代田区水道橋の歯医者 千代田ファーストビル歯科外観

半蔵門線・新宿線・三田線「神保町駅」より徒歩5分

JR線「水道橋駅」より徒歩5分

半蔵門線・東西線・新宿線「九段下駅」より徒歩6分

JR線・有楽町線・南北線・大江戸線・東西線「飯田橋駅」より徒歩8分

日/祝
診療時間
(9:30∼19:00)
×

※当医院は地域性を考え、診療時間に休憩を挟んでおりません。お勤めの方もお昼の休憩時間に来院していただけます。

※土曜日は、10:00~17:00迄です。

※学会等で、診療時間が変更する場合があります。