ノンクラスプ義歯

ノンクラスプ義歯とは

ノンクラスプ義歯とは、金属のバネを使わない部分床義歯です。

審美:歯の表面に金属のクラスプ(バネ)が無いので義歯を口腔内に入れても義歯と気づかれません。

快適:義歯床の厚さがかなり薄くできるので、違和感を軽減できます。

機能性:咀嚼(そしゃく)・発音機能は従来と同様で、安定性もよく重さは保険適応義歯の約1/2です。

精度:同一素材で義歯の維持部・床部を制作するため、均一に適合精度の高い義歯となります。

安全性:無味・無臭でアレルギー反応がありません。

ノンクラスプ義歯とはノンクラスプ義歯とは

ページのトップに戻る

入れ歯に金属のバネがなくなりました

今までの部分入れ歯には、必ず金属のバネがついていました。ところが、ノンクラスプ義歯の場合は、スーパーポリアミドナイロンでできた樹脂がバネの役割を果たすので、気になる金属フレームや金属バネが無く、非常に審美的に優れています。入れ歯と気づかないほど自然感を与え、目立たない部分入れ歯です。

Befor(欠陥状態) After(ノンクラスプ義歯) (従来の入れ歯)
Befor(欠陥状態) After(ノンクラスプ義歯 (従来の入れ歯)

ページのトップに戻る

薄型軽量で丈夫です。

ノンクラスプ義歯には、従来のレンジ(プラスチック)ではなく、スーパーポリアミドナイロンでできた樹脂を使用することによって、従来の入れ歯では実現出来なかった薄さを実現しました。また、安定性も良く従来の入れ歯の1/2の重さです。入れ歯の維持部と床部には同一素材を使用するため、より精度の高い入れ歯を製作することが出来ます。

従来の入れ歯

従来の入れ歯は薄くするとすぐに割れてしまうので、あんまり薄くできませんでした。

ノンクラスプ義歯

このノンクラスプ義歯は、薄くても割れない素材なので薄くても大丈夫!

ページのトップに戻る

快適で安心です。

ノンクラスプ義歯は、新しく開発されたスーパーポリアミドナイロンでできた樹脂から製作されているので、従来の入れ歯では考えられない程のしなやかさでお口にピッタリフィットします。入れ歯を付けているのを忘れてしまう程、快適な入れ歯です。

ページのトップに戻る