アーカイブ: 2月 2009

アメアイ♪

fox_main_0902_008.jpg
こんにちは。
最近寒いですね。冬に逆戻りです。必然的に引きこもりがちな私です。
なので1日中テレビ・・なんてこともよくあるわけです。
そこでまたケーブルネタになってしますわけですが・・・・・・・・・・・・・・。
アメリカンアイドルってご存知でしょうか??
アメリカの歌手オーディション番組なのですが、国民性が出ていて見ていて楽しいです。
番組はアメリカ全土の地方予選で10万人の中から150人程度が選ばれ、ハリウッド予選で40人に絞られます。
ここまでは地方予選同様、審査員が合否を決めるわけですが、ここから本戦へ挑むTOP12、優勝者の決定まで視聴者の電話投票により決定します。
さすが自由の国です。
しかもです。この電話投票、大統領選の投票率を上回ることもあるらしい。。すごくない!?
TOP12に選ばれたスターの卵達は毎週課題に従って歌声を披露します。
毎回、審査員からのアドバイスや、酷評にも負けずアメリカ国民のハートを掴んだ1人が晴れて優勝です。
番組は地方予選から放送されるわけですが、審査員の1人サイモン・コーウェル氏。
かなり毒舌です。
本人を目の前にして『聞くに耐えない』 『悪趣味』 『音楽の道は諦めろ』と言い放題です。
もちろん参加者もそんなコーウェル氏にFワード連発です。
見ていて思うのが、歌が上手くても、どんなに酷い歌声でも自分を信じて諦めないんですよね。
その気持ちは大事だなぁって思います。
『私は絶対スターになれます』って言い切れてしまうところが凄い!!
日本人ではなかなか人に対して言える言葉ではないと思います。
さすがアメリカ・・・。
みなさんも1度見てみてはいかがでしょうか。
コーウェル氏の毒舌にやられると思います。
たなべ

 カテゴリ:未分類

春菊とゆで卵のサラダ

こんにちは。平岡です。

週末は、とても、ぽかぽか陽気でしたが、又、急に寒さが戻りみなさん、体調を崩してないですか?
寒い日も後少し、春はすぐそこまで着てますから 。
今日は、またまた、超簡単 、春菊とゆで卵のサラダを 御紹介したいと思います。
 
春菊とゆで卵のサラダ (材料)     2人分 
 
卵・・・3個
春菊・・・2分の1わ (100g)
白いりごま・・・少々
 (ドレッシング) 
ニンニクのみじん切り・・・小さじ2分の1 
オイスタ一ソース、味噌、酢・・・各大さじ2分の1 
ごま油・・・小さじ1
豆板醤・・・小さじ2分の1
 しょうゆ・・・少々
 
(作り方)
1)卵は室温にもどし、鍋にかぶるくらい水とともに入れて中火にかける。
 菜箸で卵を静かにころがし、煮立ったら7分ほどゆでる。
 水にとってさまし、殻をむいてボールに入れ、フォークで大きくくずす。 
 2)春菊は葉を摘んで冷水にさらし、シャキッとしたらざるに上げて、水けをきる。 
 3)ドレッシングの材料を混ぜ合わせる。
  器にゆで卵、春菊を合わせて盛り、ドレッシングをかけて、ごまをふる。
20090215205323[1].jpg

 カテゴリ:未分類

バレンタインデー・受験生編

もうすぐ2月14日!
1年に1度、チョコレートに気持ちを託して女性から男性に贈る
バレンタインデー・・・
本命チョコから義理チョコまで色々ありますが。

私もチョコは大好きなんですが、
ちょっと疲れた時、気分転換したいとき
ふとチョコレートを食べたくなりますよね。
 

200902012221000.jpg

チョコレートには、含まれている砂糖・カカオ・ミルク、
さらに香りも組み合わさって、疲れた気持ちを癒してくれる効果が
あることを体も知っているからでしょうか?

チョコレートの原料であるカカオには、
食物繊維をはじめ亜鉛・カルシウム・マグネシウム等の
ミネラルやポリフェノールといった、たくさんの栄養素が
含まれています。

特にポリフェノールは、体の老化を防ぐ抗酸化作用があり
疲労回復、花粉症やストレスの緩和、
動脈硬化の予防、集中力や記憶力を高める効果があるそうです。

バレンタインどころではない、受験生の諸君、
入試の朝や休憩時間に一口チョコを食べると
脳が活性化されるかもしれませんよ!!
お試しあれ!
ただし、食べ過ぎに気をつけて下さい。

がんばれ、受験生!!!             (東大の生協で売っているキットカットを食べると合格率があがるとか・・・)

                     小島

 カテゴリ:未分類

オススメVol2

先週のオススメ、プリズンホテル、読まれましたか?
私も浅田次郎さんは大好きで、他にも是非ご紹介したい本があるのですが、
それはまた別の機会にする事として、
今回はまったく違ったエッセイをオススメします。

tora.jpgのサムネール画像かなり前のものですが、数年に一度読みたくなる’癒やし’の一冊です。
群ようこさんの『トラちゃん』。
群さんは動物を限りなく愛しています。
愛情はそそぐが、世話は母と弟が中心にやっていて本人はわりとクール。
飼い主を見分ける金魚、世襲制をもつネコの一家、その同一線上に弟とお母さん。
人と動物が感情豊かに群家で過ごしている様子や珍事件を冷静に
かつ淡々とがしかし思いっきりユーモラスに描いています。
少なくても電車の中なんかで読んではいけません。
大笑いまではいかないけれど、グフッとか言っちゃったり、
ついニヤケ顔になって不信人物になっちゃうかも。
ちょっとだけ幸せな気分になりたかったら
『トラちゃん』探してみてください。マルヤマ

 カテゴリ:未分類